幻の鉄道模型パーツ屋(?) カワマタ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「電気が…勝手に点いた?」

<<   作成日時 : 2018/12/11 23:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

問題:発掘現場で『人骨』が出た場合の扱いはどうなるでしょうか…。

話は変わって、今日の事…17:12…今日の仕事も終わり…
手を洗いに“男子トイレ”に行き、電気を点けようと
“スイッチ”に手を伸ばした時…「電気が…勝手に点いた?」
ドアを開けて中に入ると…当然誰もいない…。
「ウソ…だろ!! ここは支店で“縄文”しかないぞ…。」
※本店の方では、“水道からよく水が出ます”…。
えっ、当たり前…?
誰も触っていない“蛇口から水が勝手に出る”のに…?
因みに、本店の本館の3階からは夜に“足音がした事も、ある”とか…。
その時は、“出土した(江戸時代)の、人骨が置いて有った”そうです…。

で、最初の問題の解答:弥生時代までと、それ以降では扱いが違います。
仏教が伝来した“飛鳥時代”(この辺りだと“奈良時代”)以降だと、
お寺で、“お経を上げて供養をして頂く”だそうです。
最近の人骨の場合…? 当然、“警察”の出番でしょう…。

さて、製品の進行状況。
『KA-081 キハ81・82パーツ』(他に、『EF58用パーツ』等)は
現在試作品を製作中ですが、一部変更が有る為、もう少し時間が掛かります。
その他のパーツは、
『KA-100 旧型ELパーツ』及び、
『KA-402T モハ800 300 抵抗器耐雪カバー枠』は、
説明書が出来次第発売予定(時期未定)。
“JNMA“で、試作品を先行販売した各パーツは、
“品番・内容”を、“再検討修正中”です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

「電気が…勝手に点いた?」 幻の鉄道模型パーツ屋(?) カワマタ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる